FC2ブログ

プロフィール

jcvrf

Author:jcvrf
◆ 当財団は、昭和62年10月、
  厚生大臣(当時)の認可を受け、
  設立された特定公益増進法人
  です。

◆ 脳卒中・心臓病・高血圧症等
  の循環器病に関する研究を
  助長奨励するとともに、これら
  疾患の最新的診断治療技術
  の開発、普及を促進し、さらに
  医療関係者、研究者の育成と
  研修を行い、もって国民の
  健康と福祉の増進に寄与する
  ことを目的としてしています。

◆ 上記の目的を達成するために
  助成事業として公募研究助成、
  指定研究助成、学会および
  研究者助成を行い、また普及
  支援事業として研究業績発表、
  学術活動支援、移植医療支援
  および予防啓発活動などを
  行っています。

◆ 平成20年12月に施行された
  公益法人制度改革に伴い、
  平成24年3月19日に内閣府
  の認定を受け、同年4月1日付
  で公益財団法人に移行しました。

最新記事

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

循環器疾患看護研究助成・第8回研究発表会

去る2月4日(土)、循環器疾患看護研究助成 第8回研究発表会を
国立循環器病研究センター図書館講堂にて開催いたしました。

今回は、平成22年度に助成を受けられた5課題の研究成果に
ついてご発表頂きました。

【研究課題1】
胎児診断にて先天性心疾患の告知を受けた母親の体験
―小児科看護師の関わりを通して― 

笹川みちる
国立循環器病センター

【研究課題2】
体外設置型補助人工心臓を装着した移植待機患者のシャワー
浴に対する評価―QOLと皮膚の状態からの検討―   

渡邊裕美子(代理演者・藤原恵美子)
国立循環器病研究センター

【研究課題3】
小児循環器疾患患児のターミナルケアに携わる看護師の思い
藤本 縁
香川小児病院

【研究課題4】
大血管術後の高齢患者の離床段階に関連する因子の検討
川邊由希
国立循環器病研究センター

【研究課題5】
集中治療室における看護師の看護実践能力の構造と形成
プロセスに関する研究―心臓外科急性期看護に焦点をあてて―   
奥野信行
国立循環器病研究センター

CIMG4021.jpg IMG_1017.jpg

また、口述発表終了後には、独立行政法人国立病院機構
災害医療センターの齋藤意子・副看護師長による特別講演
が行われました。

今回は「東日本大震災を通して災害看護を考える」と題し、
東日本大震災発生後、現地に赴くまでの苦労話や現地での
活動、5回の派遣を通して感じたこと、災害時の看護師の役割等
についてお話し頂きました。

ご講演頂きました災害医療センター 齋藤副看護師長ならびに
国立循環器病研究センター看護部の皆様のご協力により有意義
な研究発表会となりましたことを心からお礼申し上げます。

<< 厚生労働科学研究・研究発表会 | ホーム | 新刊のおしらせ >>


 ホーム