プロフィール

jcvrf

Author:jcvrf
◆ 当財団は、昭和62年10月、
  厚生大臣(当時)の認可を受け、
  設立された特定公益増進法人
  です。

◆ 脳卒中・心臓病・高血圧症等
  の循環器病に関する研究を
  助長奨励するとともに、これら
  疾患の最新的診断治療技術
  の開発、普及を促進し、さらに
  医療関係者、研究者の育成と
  研修を行い、もって国民の
  健康と福祉の増進に寄与する
  ことを目的としてしています。

◆ 上記の目的を達成するために
  助成事業として公募研究助成、
  指定研究助成、学会および
  研究者助成を行い、また普及
  支援事業として研究業績発表、
  学術活動支援、移植医療支援
  および予防啓発活動などを
  行っています。

◆ 平成20年12月に施行された
  公益法人制度改革に伴い、
  平成24年3月19日に内閣府
  の認定を受け、同年4月1日付
  で公益財団法人に移行しました。

最新記事

FC2カウンター

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

QRコード

QRコード

バイエル循環器病研究助成 第21回研究発表会

去る9月28日(日)、仙台国際センターで開催されました
「第62回日本心臓病学会学術集会」の会場内に於いて、
バイエル循環器病研究助成の第21回研究発表会を行いました。

①resize0023 ②resize0021

今回は2013年度に「日本人の血栓・塞栓の特異性」の
研究テーマで採択されました4名の研究者が
その研究成果を発表されました。

*******************************************************
【開会挨拶】
下川 宏明 先生(第62回日本心臓病学会学術集会 会長)
③resize0020

【選考経過】
山口 武典 先生(循環器病研究振興財団 理事長)

【研究発表】
座 長 : 北園 孝成 先生(九州大学大学院医学研究院病態機能内科学 教授)
④resize0025

<研究課題1>
CYP2C19遺伝子多型がEverolimus-eluting stent 留置後、2剤併用
抗血小板療法に与える影響: 光干渉断層法を用いた検討
演 者 : 大竹 寛雅 先生(神戸大学大学院医学研究科内科学講座
助教)  
<研究課題2>
危険因子と発症様式から見た日本人糖尿病患者における脳血管障害
の臨床疫学
演 者 : 森本  剛 先生(兵庫医科大学内科学総合内科 教授)
⑤resize0024 ⑥resize0026

座 長 : 山下 武志 先生(心臓血管研究所 所長)
⑦resize0028

<研究課題3>
VWF-ADAMTS13反応軸制御に基づく血栓症予防と治療
-出血リスクを軽減した日本人仕様の血栓症治療戦略の基盤構築を
目指して
演 者 : 松井 英人 先生(奈良県立医科大学血栓制御医学 講師)
<研究課題4>
心房細動に対する新規経口抗凝固薬のオーダーメイド治療の確立に
関する前向きおよび後ろ向き探索的臨床研究
演 者 : 宮本 康二 先生(国立循環器病研究センター心臓血管内科
医員)
⑧resize0027 ⑨resize0029

【閉会挨拶】
山口 武典 先生(循環器病研究振興財団 理事長)
⑩resize0022

今年度もたくさんの方にご聴講頂き、とても有意義な研究発表会と
なりました。

このような研究発表会の場をご提供頂きました
第62回日本心臓病学会学術集会会長の下川 宏明先生をはじめ
関係各位に心から御礼申し上げます。

また、毎年、本事業にご支援頂いておりますバイエル薬品株式会社に
感謝申し上げます。

| ホーム |


 ホーム  » 次のページ